ClipboardImage
ペットと暮らす

ペットって、語りかけたり抱きしめたりするだけで、心が温かくなり気持ちも癒されませんか?そんなペットが仕事で疲れて帰宅したとき玄関で迎えてくれたりするとホッとして言葉が通じなくても「ただいま」と自然に笑顔になってしまいます。
みなさんもペットとのあいだにそれぞれたくさんの思い出と出会いがあると思います。
ペットを飼っていない人、これから飼おうと思っている人、同じようにペットを飼っているたくさんの人たちに、ここでは「ペットと暮らす」をテーマに庭(ガーデン)を考えていきたいと思います。
私たちの生活を豊かにしてくれるペットたちとの出会い、飼いはじめたキッカケ、お客様の現在の暮らしぶりを紹介します。




Hさんとニャン子の出会い

ネコ好きの主人が、仕事中に捨てられていた子猫をかわいさのあまり拾ったのです。当時ネコが大の苦手だった私の手前、家に連れて
帰ることも出来ず、仕事場でこっそり飼っていたようです。当然いつまでも会社で飼うわけにもいかず、家に連れて帰ってきてしまい、突然の出来事に私はもうビックリ!
飼うことに関して主人と息子は「賛成派」、私だけが「反対派」、結局ふたりの意見を受け入れることになりました。
それがニャン子との出会いでした。昔、飼っていた十姉妹がネコに襲われたことが、子供心にすごくショックをうけたことが心に残っていたんです。なので最初は抵抗があったのですが、一緒に生活するようになってから、仕草や寝顔が愛おしく思えてきて今ではニャン子のいない生活は考えられません、もうすっかり家族の一員です。
今回家を立て替えするにあたり猫ルームを計画しました、ルームといっても生活は人間と一緒、ただ日向ぼっこができるようテラスへは自由に行き来ができるようにペット専用の扉をつけてもらい、また家の前は交通量が多いので飛び出ないようにアイアンで格子を取りつけてもらいました、費用もかけて猫さま様です。今では家族全員が猫好きになってニャン子を筆頭4匹になりました。ができるようにペット専用の扉をつけてもらい、また家の前は交通量が多いので飛び出ないようにアイアンで格子を取りつけてもらいました、費用もかけて猫さま様です。今では家族全員が猫好きになってニャン子を筆頭4匹になりました。



Aさんと猫たちの出会い

私がAさん家に外構打ち合わせではじめてお伺いしたとき、敷地内に小屋があったので「何か飼われているのですか?」とたずねると「猫です」との答え、私は猫を小屋で飼うということを知らなかったので半信半疑でのぞいてみると、えっ!! 小屋の中には猫だらけ、何と13匹も。そのほかにも遊びに来る野良猫がいるというのです。かなりの猫好きなのかと思いきや聞いてみると、こんなになってしまったキッカケは1匹のお腹を空かせていた野良猫に可愛そうだからとエサを与えたところ、なついてしまいその後兄弟を連れてくるようになって2、3、4匹・・・・しまいにはほかの野良も来るようになり、なついている猫たちが交通事故や保健所に連れていかれることを考えると可愛そうで結局、小屋に住まわせ世話をするようになったとか。
全員去勢と避妊をしているのでここでは増えることは無いとはいえ、これだけの数では大変な費用がかかっていると思います。
今回は新しく立て替えた家で猫たちと暮らすことにするというので、小屋を解体して狭くなった庭を広げ庭木の移植も行いました。小屋にいた猫たちはいま新しい家で大あばれしているそうです、障子に穴をあけ柱で爪とぎするわで新築の家も猫屋敷状態ですと苦笑いでした。



Oさんと勘太の出会い

今までマンション住まいだったので我が家のペットはセキセイインコの文太だけでした。庭付き一戸建てを建てようと決めたとき、娘(当時9歳)が家を建てたら犬を飼いたいと言ったのがキッカケです。建築も進み並行して家族で休日は現場とペットショップ回りが始まりました。
娘の希望は柴犬、前に家族旅行で行った箱根のお土産やさんの店先にいた看板犬が柴犬でその愛らしい表情が気に入ってしまって忘れられなかったようだったのです。かなりの数のお店をまわりましたが、こだわり屋の娘の目に適う犬が見つからず、インターネットでも探し始めました、ある日お願いしていたペットの情報サイトから豆柴の子犬が産まれたと連絡をもらい子犬の画像を見た娘は気になったらしく、会ってみたいとせがまれた私たちは休日を利用してドライブがてら埼玉まで行きました、3匹いた子犬の中で旅行先の看板犬がダブったのか、娘が「この子」と抱き上げたのが、勘太です。今では夢だったマイホームの庭で走り回っています、(自慢の芝庭はボロボロですが)娘も勘太の世話はキチンとこなし、勘太がきてくれてから家族の会話も増え、きずなも強まったように思えます。


Yさんとペルの出会い

家の近くの公園にある日、やせ細った迷い犬?(捨て犬)がうろついていて近所の犬好きな方たちが、エサを交代で与えていました。我が家には以前、ヨークシャーテリアがいたのですが一昨年病気で死んでしまって現在は夫婦二人暮らしをしています。隣の奥さんから「Yさん家であの犬飼ったら?」といわれたのですが、あのときの愛犬の死がつらくてペットを飼うことに抵抗があったのでお断りしました。
数日後、保健所の職員の方がその犬を捕獲しに公園にきていると、犬好きのお友達から知らせが入り、走って公園に行きました、公園に棲みついていた犬を嫌がっている方からの通報があったのだと思います。到着したときには犬はゲージに入れられていて車に積まれるところでした、私はとっさに職員の方に「この犬はウチで飼います」と言っていました、
すると職員の方はホッとした表情をして帽子をとりペコリと頭を下げ「ありがとうございます」と言ってくれたのです。私には生きようとする命を見過ごすると職員の方はホッとした表情をして帽子をとりペコリと頭を下げ「ありがとうございます」と言ってくれたのです。私には生きようとする命を見過ごすことはできませんでした。今は法改正になりましたが、当時は迷い犬は落し物扱いにされていて、落し物として警察署に届けました。
あまりにも汚く茶色になってるロン毛はからまってスダレ状になっていて(とてもマルチーズに見えない)臭いもきつかったのでお風呂に入れて、また病気が心配だったので動物病院にも連れていきました。
落し物として届けてから半年経ち飼い主が現れなかったので正式に私たちが飼い主となり今では家族の一員です。
現在、ペルとはじめて出会った公園の前に移り住み広い庭で遊ばせたいと外構と造園の計画中です。



犬格?形成をつくるペットガーデン

ペットと人間が快適に生活できる空間の中に庭(ペットガーデン)があります、コミニュニケーションがとれる距離にありペットも心身ともに健康的な生活空間の場です。
しかし快適な庭(ペットガーデン)をつくるには「安全」「衛生」「環境」が大切です。

「ドッグラン」は犬が走り回り、遊ぶことに適した運動スペースだとしたら、
「ペットガーデン」は人の人格形成に当たる、犬の豊かな精神形成を体験させるフィールドといえます。
犬も人と同様に生まれてから死ぬまでの期間、外部環境から多くの刺激を受け、学習し、精神構造を形成していきます。その中でも犬の精神構造形成にもっとも大切な時期といわれているのが、生後9ヶ月頃までの幼年期・少年期です。
この期間、犬は「母犬の愛」「庭の自然」「犬の仲間」「飼い主」から様々な影響を受け、そこで構成されたイメージを一生涯持ち続けることになります。


室内空間だけでは刺激が単調で脳は発達せず、その犬の持つ多くの可能性や能力は発揮されずに終わってしまいます。
このことは、野生のオオカミの脳が飼い犬に比べ著しく発達していることでも分かると思います。
潜在能力の高い犬ほど、この単調さに我慢できず、自ら刺激を求め、様々な行動を起こします。
注意しなければならないことは、これを人間は犬の粗暴な性質とか、しつけの不徹底からと勘違いし、
力でコントロールすると、犬にメンタルダメージを与えてしまうことになり、とり返しのつかないことになってしまいます。


庭という疑似自然の中で、野生を体験させることで、知恵が身に付き、犬の可能性を引き出すことが出来ます。このような人と犬とが、心身共に健康に過ごせる場こそが、本来のペットガーデンです。
また犬の加齢に応じ、その庭環境も変えていくことが理想です。犬は最初の1年で、人間の20歳近くの年齢となります。その後10年で人間の56歳となり、老境に入っていきます。これからは医療の進歩に合わせ、犬の年齢もますます高まることが予想されます。
イギリスではペットとガーデニングが、単なる趣味を超え「暮らしの質」を高める重要な手段とされています。少子高齢化の進む日本でもプライベートな時間をペットと過ごす、そんな何気ない暮らしが必要とされているのではないでしょうか?

いま欧米で話題の庭園療法(ガーデンセラピー)をご存知ですか、
何気ない日常風景が「庭の持つ癒し効果」注目され、在宅介護の重要な環境装置として「癒し」や「自然治癒力向上」などに利用されています。
例えば、認知症の患者に庭に出て太陽光を起床後1日2時間、2ヶ月当てたところ、約6割の人に夜間の徘徊やボケ症状などに改善が見られた例などが報告されています。また、植物の持つ「香り」や「動物に触れること」で意欲の向上や身体の動きに改善が見られた例もあります。




ドックランの始まりは、1990年セントラルパークに犬を連れて歩く愛犬家が増えたことで 公園内に愛犬が遊べる場としてDOGRUN(ドックラン)が設けられたそうです。
柵で仕切られた広場の中で犬をリードから離し、自由に遊ばせることができるコミュニケーションスペースのことですが、飼い主も犬と一緒に遊んだりしているといい運動になります。また犬同士、ルールを自然に学んだり、飼い主も犬本来の習性や行動を知ることで犬をさらに理解できるようになったり、それに飼い主同士の情報交換や交流ができたりしているようです。それでいて利用料も比較的安く、無料の施設もあるから、余暇の過ごし方としてはいいですね。ただマナーとしてビニールシートをひいて座り込んだり、生理中のメス犬を連れてきたり、一人で多頭の管理は無理なので一人一頭、ウンチは拾い持ち帰るなどマナーを守って楽しく過ごしてください。