RIMG0754

被災状況をテレビや新聞報道などで見て「自分も何かしたい」 との思いから
募金のかたちでのお手伝いになりますが、これからも微力な応援募金の継続はさせていただきます。