DSC_0029
お客様からのご要望
建物がシンプルなのでコテコテの飾りは望んでいません。
駐車場は基本2台分必要ですが、全長がある車があるので工夫してほしい。
既存の甘夏を残したい。
庭は子供が遊べるプライベート空間にしてほしい。




DSC_0015
グローヴガーデンデザインからの提案
お話を聞いていくなかでフロントヤードとバックヤードを区分けする考えからゾーニングを始めました。
フロントヤードはキューブ形状の建物に見合ったデザインと配色にこだわり
バックヤードは家族構成と生活スタイルを重視してそれぞれシンプルなデザインを心がけました。


施工のポイント
DSC_0033
DSC_0018
バックヤードへ通じる扉は小さいお子様が外へ出ないようにご両親も安心して遊ばせられるように東側と西側にそれぞれ設けました。
建物脇東西とも使用する予定はないということなので防草シートに6号砕石を敷き詰めたのでビリ砂利より歩きやすくまた雑草防止としています。
元々あった樹木はキウイのみ残してその他すべて処分として根が張って廻りの構造物に影響がある樹木は根元から伐採して高麗芝を貼ったのでお子様も思う存分楽しめると思います。


DSC_0024
こちらのウッドデッキは一押しのウリン材です、今まで人工木やイペ、ジャラ、メルバウ、レッドシダーetc等のたくさんのデッキ材を扱いましたが、自然派志向で耐久性をお望みでしたらお勧めです。

DSC_0027
バックヤードへ続く東側の扉が見えます、前庭には甘夏と新植のヤマボウシを植えました根元には先々照明を考えたいとのことでしたので予備の配管を埋設しました。背景の建物壁が濃い色なので白とは違ってどのように影が写るか楽しみです、さらに新緑シーズンの若草色は映えるのではないでしょうか。2台分の駐車スペースの片方のスペースは奥行7.2mもあるのでロングサイズも楽々に駐車できます。袖壁はジョリパット仕上げにアクセント凹にLIXILセラヴィオで引き締めました。土間の目地とステップ蹴上は安山岩ピンコロ石を使いました。

DSC_0030
DSC_0036
お客様からの声
プランニングにあたっては試行錯誤を重ね我家族目線で考えていただいたので使い勝手も良く子ども達も庭で大はしゃぎして喜んでいます。
予算面でも工夫して何とか収まることもできましたこと感謝しています、ありがとうございました。


DSC_0037
H様邸と私用車のツーショットを撮らせて頂きました、無駄を省きシンプルで使いやすい強固な造りの外構となっていますので末永くお使いください。ありがとうございました。

使用したエクステリア部材一覧
門袖:コンクリートブロックにジョリパット・ゲラーデ仕上げ、LIXIL・セラヴィオSタイル貼り
ポスト:タマヤ・T50-2B3
駐車場:5mmメッシュ筋 コンクリート厚100mm 路盤厚100mm
ピンコロ石目地、小端立:Landex・VNキューブ 90角
建物脇:6号砕石、防草シート敷
門扉:LIXIL・セレビューRP3型 0710、0610
フェンス:LIXIL・セレビューRP3型 H800
フェンス:LIXIL・ハイグリッドUF8型 H800
立格子:タカショー・スリットフェンス用格子材 85角 見附H1500
ウッドデッキ:ウリン(ボルネオ)
植栽:高麗芝貼、ヤマボウシ株立