DSC_0046
お客様からのご要望
カチッとした感じでなく全体的なイメージは優しいナチュラルなデザインが好み。
自然素材がいいが耐久性を重視して相談したい。
庭は子供たちが遊べる芝と部屋からの延長スペースとしてデッキも考えたい。




DSC_0041
グローヴガーデンデザインからの提案
住宅地でありながら開放的にお子さんたちが思いっきり遊べる空間をベースに土間の目地やステップ、土留めも曲線で計画しました。
使う素材はメンテナンスフリーで耐久性のあるものを選び使いこんで年数を重ねたときの雰囲気を楽しんでもらえるようなもので。
ナチュラル志向なのでデッキ材はウリンを提案、ビスは経年で錆びない同色ステンの専用ビスを勧めました。


施工のポイント
DSC_0045
DSC_0047
疑木枕木を3本立て込んでそのうちの1本は配管入り疑木枕木を使いインターホンを取り付けましたので配管は露出なくスマートに収まりました。
前入れ前出しのアンティーク感のあるポストとアイアンのチャンネルサイン(画像修正しています)アンティーク調の照明も雰囲気づくりに一役かっています。
本物の枕木は耐用年数が短いので最近ではあまり使われなくなりました、変わって出てきたのが疑木枕木ですが、仕上げもリアルで凹凸感もあり耐久性もあってメンテナンスも不要なので需要が多い素材です。
建物入隅部にウリンのデッキを提案しました、またお隣からの目線隠しにウリンの横貼りフェンスH2200を立てたことでデッキの上はプライベート感が保てるようになりました。ステップはL形状に加工して昇降だけでなく腰掛としても利用して頂いています。


DSC_0042
前面道路が狭いので場内で切り返しスペースを設けました、普段は空いているのでお子さんの自転車やバスケットの練習として使うことができますが、来客時には臨時の駐車場にもなる無駄のない造りです。

DSC_0047
DSC_0053
ウリンは経年で褐色の渋い色合いになってきます、好みはハッキリ分かれるようです。「真新しいままの色を好む」と「使い込んだ古びた褐色を好む」で好みは極端です、気を付けなければならない点はデッキ材を固定するビスにもスチールやステンレスがあります、スチールから出るサビ汁はシミだらけになってしまいますし、普通のステンビスだと銀色に光ってキラキラして違和感が出てしまうと思うのでお勧めのビスはブラウンステンが錆びず目立たずデッキ材に一番馴染むのでお勧めです。
人工木デッキもフリーメンテナンスですが数年で日焼けにより表面は白っぽくなってきますが塗布は出来ません。
デッキは色もこだわりの一つですが何といってもデッキの上を歩いた時の足裏の「感触」もこだわりたいところではないでしょうか?


ク・ナチュラルRIMG1875 袖ヶ浦 白石邸 (31) /
お客様からの声
最初にインターネットで安心して外構計画をお任せできそうなお店を探していたら八千代市からでも来てくれるとのことでしたので現場(当時は更地)でお会いしたのが始まりでした。外構についての相談はもちろんですが、近隣への注意点や土壌の改良の話もしていただき初日から参考になる話を聞かせてもらって信頼できると直感しました。
デザインも漠然と話したことを話しただけで具現化した明確な図面を見たとき感動しました。それらのことが昨日のように思い出されます、職人さんもテキパキ仕事をして気持ちよく完成の日を迎えることができました。また何かありましたら相談にのって下さい、ありがとうございました。


DSC_0043
グローヴガーデンデザインより
最初にお会いしたときが昨日のように思い出されます。ご家族皆様がフレンドリーに接していただいて打ち合わせもスムーズに進められました、話を聞いていく中で好みも理解できたのでプランニングが私の頭の中で組み立てやすかったです。市内なのに静かで過ごしやすい環境がうらやましいです、環境だけでなく生活スタイルに見合ったしっかりした造りです末永くお使いください。ありがとうございました。

使用したエクステリア部材一覧
フロントヤード:5mmメッシュ筋、コンクリート厚100mm、路盤厚100mm
目地、ステップ:メイクランド・ピンコロ石 
土留:コンクリートブロックにジョリパット・ゆず肌仕上げ
建物脇:ビリ砂利 防草シート敷
門柱:東洋工業・レイルスリーパーラフト H1800 保護管入り
ポスト:LIXIL・エクスポストD-1型
照明:only one・ウォールマウントライト ベーシック
ウッドデッキ、L型ステップ:ウリン(ボルネオ)
ウッド目隠しフェンス:ウリン(ボルネオ) H2200
芝貼:高麗芝